血液の闇

銀行・郵便局を選ばれた場合は、前払いです。
コンビニ後払いは、NetProtections(5万円迄)をご選択ください。
◆愛国団体・愛国ブログ応援してます◆
でれでれ草
正しい歴史認識
士気の集い
博士の独り言 II
元警視庁通訳捜査官・外国人犯罪対策、坂東忠信の公式ブログ
なでしこアクション
草莽全国地方議員の会
新しい歴史教科書をつくる会
日心会
池田整治氏公式HP真実を知れば生き方がかわる
SNS my 日本
せと弘幸BLOG”日本よ何処へ”
そよ風
日本再建会議
主権回復を目指す会
NPO外国人犯罪追放運動
外国人参政権に反対する会
千風の会
覚醒!!大和魂と愛国者の瞳

国別バーコード(pdfファイル)。国産品購入の参考にしてください
商品バーコードの最初の数字が国を表します。
49,45は日本産
880だと韓国産、867なら北朝鮮産、690~695は支那産。
他の表記法として、「ROK」と言うのが韓国産、北朝鮮は「DPRK」です。
商品詳細

血液の闇

販売価格: 1,512円 (税別)

内容紹介

日本では毎年、120万人が受けている輸血。 しかし、「輸血でしか人は救えない」という医学洗脳の裏で甚大な医原病が続出し、おびただしい生命が奪われている。そして、被害者たちは何の救済も受けられないまま、 その死因は闇に葬られている。

輸血とは、現在進行形の巨大薬害だったのだ。  理想の輸血代替液は、輸血が確立するはるか以前に解明され、世界的なニュースとなっていたにもかかわらず、なぜ医学界によって葬られたのか?

輸血によって病人を増やし、感染症を蔓延させ、巨利を貪りたい血液利権、医療利権の思惑を読み解き、輸血の暗部とその背景を白日の下に晒す。  『医学不要論』の内海聡と、『病院で殺される』の船瀬俊介が、それぞれ現役医師と医療ジャーナリストの立場から、医学界の常識を覆す衝撃事実を告発。

はじめに

第1章 こうして輸血で殺される――船瀬俊介  

第2章 エホバの証人〝輸血拒否〞事件の真相――内海聡  

第3章 放射線照射で「死にかけ血液」注入――内海聡  

第4章 輸血がガンを作っていた――船瀬俊介  

第5章 血液製剤と感染症で、病院は荒稼ぎ――内海聡  

第6章 無輸血手術が世界の流れだ! ――船瀬俊介  

第7章 輸血不要論――内海聡  

第8章 医学理論を覆す「カントンの犬」の衝撃――船瀬俊介  

第9章 吸血ビジネスの大崩壊が始まった――船瀬俊介  

第10章 国際赤十字の闇、日赤利権の闇――内海聡 エピローグ 「新医学」の未来に向けて――船瀬俊介

内容(「BOOK」データベースより)

膨大な輸血・血液製剤の利権の背後で、輸血・血液製剤という毒により、おびただしい生命が奪われ、医原病に苦しめられている。その悪意による薬害の犠牲者、被害者たちは原因を一切問われることなく、暗黒の闇に葬られている。医者も患者も気づいていない、医学界最後のタブー。

登録情報

単行本: 256ページ 出版社: 三五館 (2014/7/19) 発売日: 2014/7/19

 

賛否両論激しい本です。私も最初はエホバの証人という文字を見て、やばい?と思いましたが、読んでいくと目からウロコでした。

自分の身体は自分が管理するものなので、どうするのかも各自の判断で良いのだと思います。

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス